原因を調査後、的確な補修で雨漏り止めます。
下記のような現象が見られたときは、ご連絡ください。

【屋上からの雨漏り】

屋上防水層の亀裂や剥れが、雨漏りの原因となります。

通常10年~15年程度が改修の時期とされ、劣化が見られるようになってきます。

【窓まわりからの雨漏り】

窓サッシ枠などに見られる隙間(目地といいます)に詰めてあるゴムのようなものをシーリング材といいます。このシーリング材の劣化が雨漏りの原因となります。

【屋根からの雨漏り】

写真のような、剥がれひび割れなどが見られる場合は要注意です。

【外壁からの雨漏り】

外壁のひび割れや亀裂は雨漏りの原因のひとつです。ひび割れの巾は小さくても、雨の量や風向きにより雨漏りが発生するケースがあります。

【給排水管からの雨漏り】

意外と見落とされやすいのですが、給排水管もサッシ枠と同じように外壁と防水シートを貫通しているので、そこに隙間があると雨が侵入する原因となります。

【天窓からの雨漏り】

昔に比べて随分と天窓も進化し、雨漏りしにくくなっていますが、それでも通常の窓ですら雨漏りするのですから、可能性がゼロとは言えません。10年前後を目安にコーキングが劣化してひび割れていたり、縮んでいないか調査したり、場合によっては塗り替えることが大切です。

‼日頃から自分でできる雨漏り対策‼

屋根や外壁を目でチェック!

見える範囲で構いませんので、6つのよくある原因ポイントの他にも次の箇所をチェックしてみましょう。雨漏りは早く気付くことができれば、その分低価格に抑えることができます。

スレートや瓦にひびが入っていたり、ずれていたりしませんか。

コーキングが剥がれていませんか。

棟板金が浮いていませんか。

経年劣化している箇所はありませんか。

雨漏りの状況をできる限り緻密にメモにとっておくと業者に調査や修理を依頼する際に、便利です。どのようなときに、どこが、いつ雨漏りしたのか、漏れている水の量やスピード、天候などをメモしておくといいです。